今すぐできる「運をつかむ」3つの方法

スポンサーリンク

運をつかむ技術

「わたしは何で運が悪いのだろう、、昔からそうだった」

これから先も「自分は運が悪い」と感じながら送る人生は、相当ツライものがあります。

また、運が悪いと、努力しても努力しても悪い結果がでてしまうこともありえます。

そんな大切な運を良くするための方法を紹介しているのが、本書「運をつかむ技術」です。

運をつかむ技術―18年間赤字のハウステンボスを1年で黒字化した秘密

著者は、一代で「エイチ・アイ・エス」という企業を作りあげ、開業からずっと赤字続きのテーマパーク「ハウステンボス」を、1年で黒字にするという偉業を達成しています。(ハウステンボスは1992年の開業以来ずっと赤字)

その著者が「人生の90%は、運に支配されているといっても過言ではない」と言い切っています。

運が良かったから偉業を成し遂げることができたのです。

 

その人生の90%を支配する運は、「天が運んでくるもの(天運)」と、「自分で運ぶもの」の2つあるといいます。

そして、「天運」よりも「自分で運ぶもの」のほうが人生には影響が大きいようです。

ということは、運はコントロール可能なものとも言い換えることができます。

 

では、著者はどのように運をコントロールしているのでしょう。

その方法は3つあります。

スポンサーリンク

1.どんなときでも明るく元気にふるまう

自分自身が明るくふるまうことで、運が良い「人」や「事」を引き寄せることになるようです。

逆に自分がネガティブであれば、「運が悪い」ものを引き寄せることになります。

また、ネガティブで運のない人を避けることも大事なようです。

2.「仕事のスピードを上げる」

通常のスピードの1.2倍速く動くことが大切なようです。

著者は、会社の赤字をなくすために経費節約を実行しました。

しかしそれでも節約できない仕事は、1時間かけていた仕事を45分で済ますということをやって、かなりの部分で業績回復ができたようです。

 

また、仕事ができる人で共通する2つの特徴として、「ポジティブ」で「スピーディに仕事をやり遂げる人」だそうです。

仕事の早い人は、早く仕事を終わらせて内容も良いといいます。

しかし仕事の遅い人は、時間も2割り増しになり、内容も悪いそうです。

耳が痛い。

3.「ブームのちょっと前を狙う」

著者はブームには乗らず、ブームになっているものは、もう終わりの時だといいます。

ハウステンボスに、AKB48を読んだのは2010年だそうです。

AKBが大ブームになるちょっと前だったので、かなり話題になったようです。

「ONE PIECE」も大ブームになる前に利用したようです。

 

誰もが、旬だと思うより前の段階の、感度の高い人は知っている、という段階をつかむのです。

そうすれば、まだブレイク前だから安く利用でき、感度の高い人に訴求できます。

これは、「商品の仕入」にも当てはめて考えることができますよね。

 

ですから、テレビで連日流れて、老若男女に知れ渡るような状況になっていると、もう遅いというわけです。

まとめ

運をよくする3つの方法

  1. どんなときでも明るく元気にふるまう
  2. 仕事のスピードを上げる
  3. ブームのちょっと前を狙う

コメント