仕事を楽しむ方法「ジョブ・クラフティング」3つのステップ

スポンサーリンク

幸せ」について知っておきたい5つのこと

わたしは、仕事を楽しんだことがほとんどありません。

楽しかったといえば、仕事がうまくいって成果が出たときだけです。

はっきり言うと、義務だからやっているだけです。

これは、学生時代の勉強と何ら変わっていません。

勉強しないとテストの成績が下がり、受験に落ちてしまうから仕方なく義務的に勉強をしていました。

仕事しないと生きていけないから仕方なく仕事をしているのです。わたしは。

 

人生の3分の1を占める仕事が、義務的に仕方なくやることであることは、不幸であると言ってもいいと思います。

なんとか、仕事を楽しくやりがいのあるものにしたいと考えていました。

そんな時に読んだ本に、仕事を楽しくする方法として「ジョブ・クラフティング」が紹介されていました。

スポンサーリンク

ジョブ・クラフティングで仕事を楽しく

人と仕事の関係は、大きく3つに分類できます。

  • ジョブ
  • キャリア
  • コーリング

ジョブは、仕事を単なる義務と考えている状態です。

職種は関係なく、働く理由は「報酬」です。

今より良い条件の仕事があればすぐに転職します。

 

キャリアは、キャリアアップになります。

職種は関係ありません。

仕事は、自分がよりキャリアアップするための踏み台となります。

 

コーリングは、天職です。

自分の仕事が社会の役にたち、仕事には深い意味があると感じている状態です。

自分のアイデンティティーと深く結びついていて、「たとえ報酬がもらえなくてもやる」と感じています。

 

仕事が楽しくやりがいのある「幸福」なものにするためには、コーリングの状態になる必要があります。

仕事をコーリング(天職)にするための方法がジョブ・クラフティングです。

ジョブ・クラフティングには、3つの方法があります。

1.「社会的な交流の質や量を修正」することです。

客や同僚などの人間関係を積極的に変えて幅を広げるのです。

2.自分の周囲の状況や環境を、視野を広げてとらえてみる。

例えば清掃員の仕事であれば、自分の仕事を単なる「ゴミひろい」とみるか、より視野を広げて「みんなの健康を向上させる仕事」ととらえてみるのです。

3.仕事の内容に手を加える。

仕事に対して、より価値を高めて、やりがいが持てるように工夫する。

仕事が楽しめるようにアレンジしてみるのです。

 

与えられた仕事をただこなすだけでは、仕事は単なる義務となり苦痛なもののままです。

ジョブ・クラフティングを行えば、仕事は幸福なものになりえます。

 

幸福になりたいのではない、仕事さえうまくいけばいいのだとわたしは考えていました。

しかし本書を読めば、仕事がうまくいったから幸福になるのではなく、幸福だからこそ仕事がうまくいくのだ、ということがわかります。

天職を求めて転職するのもありだけど、今の仕事を天職に変えうることができると感じました。

仕事・勉強イコール義務ではなく、仕事イコール幸福にしたい人にオススメです。

コメント