自己啓発

自己啓発

芥川賞作家が教える「できるだけ苦労しない生き方」

「フランス語の上達法は、エ〇小説を読むこと」頑張りたいけど頑張れないという弱さを、うまく利用する視点が身につくエッセイ集。
自己啓発

仕事を楽しむ方法「ジョブ・クラフティング」3つのステップ

人生の3分の1を占める仕事を楽しむことは、人生を楽しむこと。仕事を楽しめないと幸福な人生を送ることはできません。仕事を楽しむ技術「ジョブ・クラフティング」を3つのステップで紹介しました。
自己啓発

今すぐできる「運をつかむ」3つの方法

開業以来18年間も赤字だったテーマパークを、たった1年で黒字化に成功できたのは「運がよかったから」。カンタンだけど確実に運をよくする3つの方法を紹介します。
スポンサーリンク
自己啓発

AIに仕事を奪われる前に読んでおきたい本「なんクリ」

今ある仕事の47%がAIに仕事が奪われるといわれている。今は言われたこと以上の仕事をするのは当たり前。そんな厳しい時代に生き残れるスキルの1つは「企画力」だ。本書「なんクリ」で、AIにはマネできないオリジナリティあふれる企画力を身につけることができる。
自己啓発

新しい仕事を作る!みうらじゅんの「ない仕事の作り方」

本書はみうらじゅんの「他にはない奇抜な発想」から「ない仕事」を作るための方法が紹介されています。新しい仕事を作りだしたり、独創的で奇抜なアイデアを考えつきたい人には特にオススメです。
自己啓発

「アイデア1つで成り上がる」テレ東の企画発想術!

「テレ東的、一点突破の発想術」は、社内外のライバルを出し抜くための企画発想術が、具体的なメソッドとして紹介されています。この本を読んでヒットする企画が作れないのは、本の内容ではなく読者が悪いとしかいいようがない、といえる良書でした。
自己啓発

遠藤周作の沈黙で知る「不思議な日本人」と「真の信仰」

読んですぐ忘れる小説もあるけど、遠藤周作さんの「沈黙」は読後から10年20年経っても内容を憶えていて強い印象が残っている。 印象といっても、悪い印象が強い。 とにかく日本人の特異性と残酷さに辟易したという印象が強い。 ...
自己啓発

ストレスをなくすのではなく「力に変える」科学的エクササイズ

数多くあるストレス本では、ほとんどがストレスを悪として解消する方法が紹介されています。しかし、本書はストレスはやっきになって解消するものではなく、力に変わる科学的エクササイズが紹介されています。
自己啓発

片付けしたくない人は「トヨタの片付け」を読めば絶対片付けしたくなるね

トヨタの片付けを読むことで、わたしの片付けへの考え方が変わりました。 今までは面倒くさいけど部屋が汚くなったから片付けようと考えていました。 今は片付けたほうが得だから片付けように意識が変化したのです。 片付けはお...
自己啓発

仕事の単純作業は直線脳を使って作業のスピードをあげる

仕事で必要な脳機能として、直線脳と迂回脳に大別できる。直線脳は仕事のスピードを上げる機能があり、新しいアイデアが必要なときは迂回脳を使われる。今回は直線脳をうまく使って仕事のスピードを上げる方法をメモした。
スポンサーリンク