自己啓発

自己啓発

芥川賞作家が教える「できるだけ苦労しない生き方」

腕のつらいリハビリを、入院仲間との花札で克服したという芥川賞作家の故「遠藤周作」さんのエッセイ。 がんばりたいけどがんばれない人へ、できるだけ苦労しない生き方が自身の経験を交えて紹介されている。 例えば、フランス語をエ○小説を読...
自己啓発

仕事を楽しむ方法「ジョブ・クラフティング」3つのステップ

わたしは、仕事を楽しんだことがほとんどありません。 楽しかったといえば、仕事がうまくいって成果が出たときだけです。 はっきり言うと、義務だからやっているだけです。 これは、学生時代の勉強と何ら変わっていません。 ...
自己啓発

今すぐできる「運をつかむ」3つの方法

「わたしは何で運が悪いのだろう、、昔からそうだった」 これから先も「自分は運が悪い」と感じながら送る人生は、相当ツライものがあります。 また、運が悪いと、努力しても努力しても悪い結果がでてしまうこともありえます。 ...
スポンサーリンク
自己啓発

AIに仕事を奪われる前に読んでおきたい本「なんクリ」

今ある仕事で、その内の47%が「AI」に仕事を奪われてしまうといわれています。 特になくなる可能性が高い(90%以上)職業も発表されています。 その「失われる職業欄」をみると、主にアイデアを必要としないような職種ばかりな...
自己啓発

新しい仕事を作る!みうらじゅんの「ない仕事の作り方」

本書「ない仕事の作り方」の著者は、「みうらじゅん」さん。 漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャンとして幅広く活躍しています。 「マイブーム」「ゆるキャラ」の仕掛け人でもあります。 「ない仕事」の作り...
自己啓発

「アイデア1つで成り上がる」テレ東の企画発想術!

本書の著者である濱谷 晃一さんは、テレビ東京のドラマ制作部プロデューサーです。 主な作品は、 好好!キョンシーガール 俺のダンディズム ワーキングデッド 太鼓持ちの達人 テレ東的、一点突破の発...
自己啓発

遠藤周作の沈黙で知る「不思議な日本人」と「真の信仰」

読んですぐ忘れる小説もあるけど、遠藤周作さんの「沈黙」は読後から10年20年経っても内容を憶えていて強い印象が残っている。 印象といっても、悪い印象が強い。 とにかく日本人の特異性と残酷さに辟易したという印象が強い。 ...
自己啓発

ストレスをなくすのではなく「力に変える」科学的エクササイズ

本書「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」は、数多くあるストレス関連本としては、かなり新しい切り口の内容だった。 だいたいのストレス本は、「ストレスは体に悪い、だから解消しましょう。」となっている。本書の場合は「ストレ...
自己啓発

片付けしたくない人は「トヨタの片付け」を読めば絶対片付けしたくなるね

トヨタの片付けを読むことで、わたしの片付けへの考え方が変わりました。 今までは面倒くさいけど部屋が汚くなったから片付けようと考えていました。 今は片付けたほうが得だから片付けように意識が変化したのです。 片付けはお...
自己啓発

仕事の単純作業は直線脳を使って作業のスピードをあげる

仕事で高い成果をあげるには、仕事の種類によって脳の部位を意識して使い分けたほうがよいようだ。 「仕事ができる人の脳 できない人の脳」 著者は仕事に必要な脳として機能を二つに分けている。 直線脳と迂回脳である。 仕事の...
スポンサーリンク