読書

マンガ

【ダンジョン飯5巻】マルシルとファリンはどっちがカワイイか?マルシル圧勝

「マルシルのほうがカワイイ」という真実から眼を背け、ファリンのほうがカワイイとのたまう知り合いを論破しました。
自己啓発

今すぐできる「運をつかむ」3つの方法

開業以来18年間も赤字だったテーマパークを、たった1年で黒字化に成功できたのは「運がよかったから」。カンタンだけど確実に運をよくする3つの方法を紹介します。
自己啓発

AIに仕事を奪われる前に読んでおきたい本「なんクリ」

今ある仕事の47%がAIに仕事が奪われるといわれている。今は言われたこと以上の仕事をするのは当たり前。そんな厳しい時代に生き残れるスキルの1つは「企画力」だ。本書「なんクリ」で、AIにはマネできないオリジナリティあふれる企画力を身につけることができる。
スポンサーリンク
睡眠

これでダメなら病院へ行くしかない。「SLEEP」 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

本書では、快眠のための科学的ノウハウが、すべての分野から語られている。睡眠のための認識を改めることから「夜の生活」まで幅広い。本書を読めば快眠のための新しいノウハウを必ず発見できる良書でした。
睡眠サプリ

10秒で理解できる「スタンフォード式 最高の睡眠」

本書は「最高の睡眠」を得るためのたった一つの方法が紹介されていました。しかし、他の睡眠本を読んだことがあるのなら避けてもよい内容です。
自己啓発

新しい仕事を作る!みうらじゅんの「ない仕事の作り方」

本書はみうらじゅんの「他にはない奇抜な発想」から「ない仕事」を作るための方法が紹介されています。新しい仕事を作りだしたり、独創的で奇抜なアイデアを考えつきたい人には特にオススメです。
ヤフオク

人とあまり関わらない「ヤフオク」という仕事の本

著者はヤフオクを利用して2億円を売り上げたそうです。ヤフオクをするきっかけは人とあまり関わる必要がないから。それは社会生活から逃げるということだけど、その選択が正解になり得るという新しい視点に気づくことができる一冊。
自己啓発

「アイデア1つで成り上がる」テレ東の企画発想術!

「テレ東的、一点突破の発想術」は、社内外のライバルを出し抜くための企画発想術が、具体的なメソッドとして紹介されています。この本を読んでヒットする企画が作れないのは、本の内容ではなく読者が悪いとしかいいようがない、といえる良書でした。
マンガ

ダンジョン飯4巻の感想 次の5巻で終わりそうな気配があるので悲しい。

*ネタバレしまくってます。 楽しみに楽しみにしていたダンジョン飯の4巻は、読んでてすこし辛かったなー。 早くファリンを助けないとヤバイのはわかってても、3巻までの雰囲気はどこかのんびりした展開でほのぼのしてると感...
自己啓発

遠藤周作の沈黙で知る「不思議な日本人」と「真の信仰」

読んですぐ忘れる小説もあるけど、遠藤周作さんの「沈黙」は読後から10年20年経っても内容を憶えていて強い印象が残っている。 印象といっても、悪い印象が強い。 とにかく日本人の特異性と残酷さに辟易したという印象が強い。 ...
スポンサーリンク