ビオフェルミンSとミヤリサンを飲み比べてみた。

スポンサーリンク

新ビオフェルミンS ミヤリサン

ビオフェルミンSミヤリサンを飲んでみて、アトピー体質で軟便なわたしに適していたのは、ビオフェルミンS。

ビオフェルミンを飲むと、3週間ほどで徐々に肌に良い効果が表れたから。

顔の皮膚がステロイドなしでスベスベになった。

顔に付けるクリームのノリが、飲む前とでは全然ちがうのをしっかり実感できるほど。

 

それと、唇がガサガサに荒れたりクチビルの端が切れる口唇炎が、ステロイドなしのクリームだけで事足りるようになった。

30年以上も唇にステロイドを塗っていた苦行から解放された。

ビオフェルミンは腸内環境を整えるだけじゃなく、ビオフェルミンの菌自体がアレルギーを改善させる効果もうたわれているからなのかも。

 

で、便の状態はというと、1か月以上飲んで「下痢」と「普通」の間といった硬さに落ち着いた。

匂いもジャンクフードを食べまくる割には、かなり軽減。

とはいえ、良い効果ばかりではなかった。

 

ビオフェルミンを飲みだすと、口内炎ができはじめたのだ。

アレルギー体質だけど、口内炎などめったにならないのに。

ビタミンBのサプリを飲むと治ったので、ビオフェルミンを飲んでいるときはビタミンBが個人的には欠かせない。

 

ミヤリサンだが、かなり便の状態が良くなった。

便が普通のより硬くなり、ほぼ下痢が止まるほどの威力。

匂いも軽減。

軟便であれば、便に限ってはミヤリサンのほうが良いと思う。

 

しかし、肌の状態がかなり悪くなってしまった。

おまけに顔にアトピーとは違う吹き出物が多発。

やめると吹き出物が治ったので、ミヤリサンを飲むのは3週間未満でやめた。

便の状態が良いから、腸内環境が良くなって肌も良くなるだろうとはならず。

ミヤリサンとビオフェルミンを併用しようかと思ったけど、ミヤリサンが体質に合わなすぎてトライしようとは思えなかった。

 

わたし個人にはビオフェルミン様様だが、今はビオフェルミンを飲んでいない。

アマゾンでビオフェルミンと同じ3種の菌が入っていて、しかも量が多く値段も安いという整腸薬を飲んでいる。

こちらが良ければ記事にしたい。


コメント