グリシンプレミアムとグリシン3000の口コミレビュー

スポンサーリンク

グリシンレビュー

どうも、不眠症のトシオです。

ファインのグリシンプレミアムグリシン3000を、30日間飲んで感じた効果をレビューします。

今回は飲み方を工夫して、この2つのサプリを組み合わせて飲んだり、他社のグリシンを一緒に飲んでみたりしてみました。

スポンサーリンク

グリシンプレミアムとグリシン3000を飲んで感じた効果

先にグリシン3000を約1ヶ月ほど、寝る前30分~1時間前に飲んでみたんですが、これがですね、、ぶっちゃけ効果を感じることはほぼありませんでした。

寝つきがよくなるわけでもなく、夜中に何度も起き、熟睡感もなく、ビックリするくらいの効果のなさです。

 

次にグリシンプレミアムですが、これはかなり寝つきがよくなることを実感できました。

あいかわらず夜中に起きたりしてたけど、明らかに起きる回数は減りました。

とはいえ、8時間近く眠れても、スッキリ目覚めるというような快眠感のようなものは、グリナと違って感じませんでした。

 

グリシンプレミアムは、グリシンが450mgしか含まれていないけど、GABAが400mgとかなりの量がふくまれています。

寝つきの良さの原因は、この大量のGABAでしょう。

 

しかし、グリシンプレミアムを飲んでいる30日の間、3~4日に1回くらいは頭が痛くなることがありました。

元々、わたしは片頭痛もちなのですが、頭痛の頻度が確実に高まったと感じました。

たっぷり8時間以上眠れば、片頭痛はほぼ起こらないのですが、このグリシンプレミアムを飲んでいると、8時間眠っても片頭痛がおこりました。

そして今は、グリシンプレミアムを飲んでいないのですが、片頭痛がほとんど起こらなくなったのです。

 

たぶんこれは、GABAの副作用からきているのではないかと感じています。

GABAは、10mg~50mgほど飲むと良いといわれていて、うつの改善ともなると500mg以上が必要といわれています。

しかし、1000mg以上のGABAには副作用がでるらしいのです。

もちろん、グリシンプレミアムは450mgしか入っていないのですが、通常10~50mgの10倍GABAを医者の診察抜きで飲んでいることになるのです。

グリシンに副作用を感じなくても、多すぎるGABAには個人差があるとはいえ副作用があると感じました。

グリシンプレミアムにグリシン3000などをミックスするという荒業を試す

グリシンは、1度に3000mg摂ることで効果を発揮するといわれていますが、グリシンプレミアムにはグリシンが450mgしか含まれていません。

だったら、グリシンを3000mgプラスすればいいんじゃないかと単純に考えました。

ということで、以下をグリシンプレミアムにプラスしてみましたよ。

  • グリナ
  • グリシン3000
  • グリシン3000&テアニン
  • グリスミン

それぞれ3日ずつブレンドして飲んでみたのですが、、

ひとつの組み合わせを省いて、ほとんど効果がありませんでした。

互いの長所をつぶしあってる感じで、逆に「頭が重い・だるい」など、快眠とは程遠い効果でした。

「グリシン3000」を、一度に約6000mg飲んでみたりもしましたが、全然効果なしでした。

 

唯一、睡眠薬並みに眠れたのが、「グリシンプレミアム」と「グリシン3000&テアニン」との組み合わせです。

朝方まで一度も起きることなく眠り続けました。

まさに爆睡です。

グリシン・GABA・テアニンの組み合わせは、私個人にはかなり効果がありました。

グリシン単体で3000mg以上飲んでも効かない人は、GABAやテアニンやトリプトファンを飲んだり、グリシンにGABAやテアニンを加えて飲んでみると効果があるのかもしれません。

 

まとめ

私個人が感じた効果の感想

  • グリシン3000は効果を感じない
  • グリシン3000のグリシンを一度に6000mg飲んでも効果なし
  • グリシンプレミアムは寝つきがよくなる
  • グリシンプレミアムのGABAで片頭痛の副作用あり
  • グリシンプレミアムにグリシンを3000mgプラスしても効果なし
  • グリシンプレミアムとグリシン3000&テアニンの組み合わせは効果大

グリシンプレミアム

グリシン3000

ファイン グリシン3000&テアニン200

 

こちらもどうぞ

コメント