ユースキンで顔にステロイドを塗らなくて良くなった。

スポンサーリンク

ユースキンi

アトピーで30年以上も顔にリンデロンというステロイド軟膏を塗っていた。

副作用があるのはわかっていたが、やめたら肌や唇がボロボロになるので、やめるにやめられない状態だった。

それが2種類のユースキンのおかげで、顔にステロイドを塗らなくてよくなった。

 

アトピー肌には保湿機能や血行が良くなる成分が入っている製品では、かゆみで台無しになってしまう。

ユースキンIの優れているのは、かゆみ止めの成分が入っていること。

ジフェンヒドラミンが、夏場に汗をかいて寝ている状態でも、かゆみを抑えてくれる。

 

ヒゲを剃った日の荒れた状態の肌でも、ヒリヒリ沁みるということもない。

市販のクリームにありがちな、匂いもない。

値段もアマゾンで900円と安くてありがたい。

 

アトピーは唇がガサガサになったり、口角が切れたりする。

今までは、ステロイドとプロペトを混合したものを塗って状態を維持していた。

ステロイドを唇に塗ると血の気がなくなり唇が白くなっていた。

 

しかし、このユースキンのリップキュアで、口角の切れがふさがり、くちびるのガサガサがかなり抑えられるのには驚いた。

ビタミンBやCのサプリを摂っても、リップ塗ろうが何をしてもダメだったのに。

(もちろん、乳酸菌で腸内環境を良くしておくというようなことをする前提の話だけど)

 

市販品でアトピーに効くクリームと出会えるとは思わなかった。

半年ほど使っているが副作用など感じない。

ヒルドイドよりユースキンが絶対いいと思う。

関連記事

タリオンを飲んで感じた効果や副作用

病気
スポンサーリンク
トシオをフォローする
スポンサーリンク
D-Web-Note

コメント